コインランドリーの経営を始めるには何が必要?

コインランドリー経営の初期費用はどのくらい必要?

コインランドリー経営の初期費用はどのくらい必要? コインランドリー経営には、2500万円から4000万円ほどの初期費用が必要になります。
コインランドリー経営のために必須になるのが、洗濯機と乾燥機です。
特に雨が降る場合は洗濯物を乾かす乾燥機への需要が高まるため、洗濯機と乾燥機はどちらも同じくらいの台数を設置することが一般的だとされています。
洗濯機1台あたりの相場は約150万円、乾燥機は1台あたり約60万円であり、乾燥機の機能が備わった洗濯機は1台あたり300万円程度です。
両替機の費用も合わせて考慮すると、機器の購入費用は1500万円から2200万円になると言えます。
また、コインランドリーを開業するためには内装工事を行い、電気や水道といった設備を整えることも欠かせません。
内装工事にかかる費用は、600万円から900万円ほどです。
さらに、コインランドリーの設備の準備にかかる費用だけでなく、看板などの外装工事の費用や税金なども必要になるでしょう。

コインランドリー経営に伴う設備費について

コインランドリー経営に伴う設備費について 人の雇用に関して厳しい時代の中で、将来性もあり取り組みやすいビジネス経営の一つにコインランドリー経営があります。
コインランドリー経営は基本的に無人店舗も可能なことから人を雇用する心配面がないので、比較的経営しやすいビジネスモデルになります。
また標準的な広さについても、たくさんのスペースを必要としないので、小さい店舗であれば10坪ほどの敷地があれば始めることが出来ます。
洗濯機や乾燥機などの設備費については、店舗の面積が広くなると設置台数も増えることから、売り上げを増やすことが可能になりますが、コインランドリーの場合は広すぎると効率が落ちてしまうことも十分にあるので慎重にすることが大切です。
自己所有の土地を利用するケースであれば、初期投資額も大幅に削ることが出来るので、コインランドリーに適した立地条件が整っている場合は、必要な洗濯機と乾燥機を購入して、建築費を見積もってから検討することがポイントです。