コインランドリーの経営を始めるには何が必要?

土地が余っているから、相続税対策にという理由でコインランドリー経営を始める人がいます。
確かに更地のままで管理するよりは良いかもしれませんが、儲かるかどうかは運営しだいとなります。
不動産投資と違ってかなりの経営能力を必要とするので気軽に始めてしまうと失敗することがほとんどです。
まずは基本を理解して、しっかりと知識を持ってから検討した方がいいでしょう。
何をすべきかわかれば安定した収入が得られる可能性があります。

コインランドリー経営って儲かる?初心者が知っておきたい予備知識や基本をご紹介!

コインランドリー経営って儲かる?初心者が知っておきたい予備知識や基本をご紹介! 初心者がコインランドリー経営をする場合に知っておいた方が良い予備知識として、収益は安定した状態で坪3万円程度ということです。
最初からこの額が安定して稼げるわけではないので、2年目ぐらいからうまくいけば手に入ると考えておいた方が安心です。
この中からランニングコストや初期費用の返済を行わなければいけません。
特に返済は7年程度続くこととなるので、慎重に考えましょう。
1店舗のコインランドリー経営だけで生活するのはかなり無謀なので、副業として検討することから始めることをお薦めします。
まずは初期費用とランニングコストがどれぐらいかを見積もってみると、収益がどれだけ少ないかがわかるはずです。
その上で始めるかどうかを考えましょう。

コインランドリー経営を希望するには成功する条件を理解すると安心です

コインランドリー経営を希望するには成功する条件を理解すると安心です 何らかの方法で投資をしたいと考える方には、一つの提案としてコインランドリー経営をする方法があります。
完全に無人で営業をすることができることで人件費が掛からないメリットがあり、優れた設備を導入することでランニングコストを軽減することも可能です。
コインランドリー経営で成功をするには、一定の条件というものはあり、全ての内容をクリアしている場合は失敗してしまうリスクはほぼ無くなります。
成功する条件は路面店での営業になり、ビルの2階などは不向きなので注意は必要です。
次に自動車を駐車させるスペースを確保できる物件を利用する方法があり、24時間営業が求められる店舗なので夜間でもマイカーを使って利用できることは女性にとっても安心できる店舗になります。
無人での営業になりますが、清掃作業は必要となりオーナーとなった方は定期的に巡回をして掃除をすることで不衛生で評判が悪くなってしまう問題も解決できます。
防犯カメラを設置することも重要になり、店内だけではなく店外の駐車スペースも撮影できるように防犯カメラを複数台設置しておくと利用者は犯罪の被害に遭ってしまうことも無くなります。
この範囲の条件を全てクリアすることにより、いつでも安心利用できる人気店へと成長させることは不可能ではありません。

コインランドリー経営における収入は利回りから計算してみよう

人気が高くユーザーも増加しているコインランドリー経営でお金儲けをしょうとする際には、まずは実質利回りを計算することは投資を行う上では欠かせません。
一般的な賃貸アパートなどの物件では6%もあれば十分と考えるオーナーが存在している事実はありますが、コインランドリーの場合は客単価が低いことで細かな計算をすることで失敗してしまうリスクから解放されます。
コインランドリー経営は単独でもフランチャイズでも経営を行うことができ、初期投資費用は2,000万円程度が基準になります。
ランニングコストは店舗の賃料の他、洗剤の購入費や水道と光熱費は固定費として掛かり、平均にすると30万円程度が相場です。
月間の売り上げは事前に計算することは難しいのですが、約50万円程度と計算してみると実質利回りは10%を超える計算になります。
投資の方法は多数ありますが、10%以上になることは少ない傾向にあるので、コインランドリー経営を希望する方は、毎月の売り上げを50万円以上見込める場所で経営をすることでリスク回避を行えます。

コインランドリー経営の初期費用は融資や補助金で確保

コインランドリー経営は昨今、利回りの良い投資や節税対策として注目されています。
そうした中コインランドリー経営を始めたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
しかし、コインランドリー経営を始めるにしても初期費用として数千万円規模でかかってしまい、そんな金額を用意するのは難しいと考える人もまた多いのではないでしょうか。
そんなときに活用を検討したいのがこの初期費用の確保に使える補助金や融資制度です。
補助金や融資制度は、全国の地方自治体や商工会連合会、中小企業団体中央会、日本政策金融公庫などから受けられるものがいくつもあります。
それぞれ受けられる金額や受けるための条件は色々違いますが、うまく活用すれば初期費用を賄うことができます。
諸々の手続きや条件クリアには相応の手間暇がかかりますが、それでもコインランドリー経営を始めたいと思っている人はこれらの仕組みや制度を使わない手はありません。
コインランドリーを設置したい、始めたい、と思っている人はそのエリアの自治体や経済団体などの情報を調べることが肝要です。

コインランドリー経営の開業資金で活用したい小規模事業者持続化補助金とは?

小規模事業者持続化補助金とは、小規模事業者の販路開拓や業務効率化の取り組みに対する支援を目的とした補助金です。
具体的な取り組みの内容として、ウェブサイトの作成や商談会への参加、店舗の改装などが挙げられます。
従業員が20人または5人以下の法人や個人事業主などが支援の対象となるため、コインランドリー経営のための開業資金として補助金を活用することも可能です。
補助金の上限額は50万円ですが、実際の補助率はかかった経費の3分の2までとされています。
よって、コインランドリー経営のために60万円の乾燥機を購入した場合に、支給される補助金は40万円です。
地域の商工会議所で、支援の対象になるかどうか事前に確認しておくことをおすすめします。
申請のために書類や事業計画書を準備する必要がありますが、商工会議所からのサポートを受けることも可能です。
日本商工会議所による審査で採択されると、国から補助金が支給されます。

コインランドリー経営はフランチャイズの契約先の比較が大切

コインランドリー経営に興味を持つ個人や企業はとても多いですが、ビジネスを始める前には十分に準備をする必要があります。
特に経営のノウハウを持つフランチャイズに加盟することが重要であり、事前に運営会社に関する情報を収集するのがポイントです。
フランチャイズ募集のポータルサイトを訪問すると、コインランドリー経営をサポートする運営会社についても情報も集められます。
少額の加盟金で始められるプランも魅力的ですが、サポート体制を重視して契約先を選ぶのが理想的です。
そしてロイヤリティが割安な運営会社を選ぶと、実際にビジネスをスタートした場合の月々の負担も軽くなります。
一方で契約先を選定するプロセスでは、セミナーに参加して経営の基本を学ぶ方法もあります。
セミナーで経営のメリットとリスクを学ぶことが、ビジネスの成功にもつながるからです。
コインランドリー経営の個別相談会にも参加すると、加盟する企業を慎重に選べるようになります。

立地調査もコインランドリー経営では重要な要素

コインランドリー経営で重要となるのは、稼働率を高く保つことです。
そのためには多くの顧客が来ることと、入れ替わる時間が短いことが求められます。
どちらも立地に大きく影響するため、開業前の立地調査は最も重要な要素と言っても過言ではありません。
目指すべきは立ち寄りやすい場所になります。
30代から40代の女性をターゲットにするならば、生活道路沿いがおすすめです。
買い物のついでに洗濯もできれば便利だし、洗濯物の回収も早くなります。
コインランドリー経営でターゲットにすべき顧客には、ファミリー層もあります。
大型の洗濯物で利用してくれることから、客単価が高いことが魅力の一つです。
だから駐車場の確保や運転して来店しやすいことも重要になります。
狭い道だと運転に自信のない人が来なくなるので、避けた方がいいでしょう。
重い荷物を持ち運ぶので、駐車場からの距離は最短であることが求められます。
洗濯の間、車で待つことができるようにするには、洗濯機よりも数台多くのスペースがあると便利です。

コインランドリー経営の詳細はここをチェック!

コインランドリー経営